無線機レンタル・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較

複数で同時通話するならトランシーバーがおすすめ?その理由とは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/02

複数で同時通話をする必要性があるのなら「無線機・トランシーバー」がおすすめです。電話のように一対一の対話ではなく複数人に同時通話ができるので、情報を一度に大勢に伝えたい時に特に便利な機材です。

クローズド・クエスチョン形式の会話にも向いていますので、スピーディーな対応が必要な現場にも向いています。

「無線機・トランシーバー」とは

「無線機・トランシーバー」とは、無線を利用して会話ができる機材のことで、大きく分けて3種類あります。

「特定小電力トランシーバー」は小規模なイベントに向いており、単三電池1本で1日中使える電池の持ちが良いものが多いのが特徴です。本体が軽いので持ち運びがしやすく、レンタル料金も比較的低価格なのが魅力となっています。通信エリアが約100mと狭く、屋内と屋外では通信が出来ない場合や、階をまたいで電波が届かないことがあるので、ワンフロアのみで使用するケースにおすすめです。

また「簡易業務用無線機」は「特定小電力トランシーバー」の500倍の出力があるため、屋内外問わず利用できます。バッテリーの稼働時間は10~17時間ほどなので、日をまたいで使いたい場合には充電が必要です。出力が大きく、その分重量も倍になっているので、重さが気になる場合にはあらかじめ気を付けて機種を選ぶようにして下さい。広範囲で安定した通信ができ、耐久性が高いのもメリットとなっています。

「IP無線」は携帯電話の電波を利用して通信を行う無線の事で、マラソン大会などのより広範囲のイベントでも利用できるタイプです。携帯電話の電波を使うため、同じ電波を利用している人が多い場合、通信に制限がかかってしまうこともあります。そのために携帯の電波が入らない地下や山間部などには向いていません。

「無線機・トランシーバー」のメリット

「無線機・トランシーバー」は電話とは異なり複数で同時通話が可能なので、同じ情報を一度に大勢に伝える現場に特に向いています。送信ボタンを押すだけで通話ができるので操作性が高く、電話帳などから相手を選ばなければならない携帯電話と比べるとよりスピーディーに対話ができるのもメリットです。

操作はシンプルなので、初めての方でも使いやすい機材となっています。無線機は本体同士で直接電波を送受信するので、携帯電話の通信圏外でも安定して通話をすることが可能です。そのため通信圏外になりやすい山間部の施設や建物、人通りやスマートフォン利用者が多く電波が安定しないイベント会場などには、特に適した通信機器となっています。

携帯電話と同じ電波を使うタイプの場合には、全て同じ通信キャリアに統一せずにその他の「簡易業務無線機」などと組み合わせて使うとトラブルを避けることができます。「無線機・トランシーバー」は呼び出し時間がなく、円滑にコミュニケーションをとれるアイテムなので、大きいイベントなどはもちろん、パーティーや展示会・駐車場誘導など様々なシーンに取り入れられているアイテムです。

使用する場合は使いたいシーンに合わせて、特徴を踏まえた上で機種選びするとよりお得に利用できます。防塵・防水性能など様々な機能があるので、迷った時にはレンタルショップなどの専門家に相談すると安心です。

「無線機・トランシーバー」ならレンタルで

「無線機・トランシーバー」を導入したいと考えているのなら、レンタルから始めることをおすすめします。機材を購入するのもよいですが、電子機器は買った時点で機種が古くなってしまうというだけでなく、自分でメンテナンスを行わなければならないというデメリットがあります。

その点、レンタルであれば不必要な時には返却をすればいいですし、必要な時だけ借りることができるので場所を取ることもありません。不具合などのトラブルがあった場合でもサポートをしてもらう事が出来るので、初めて「無線機・トランシーバー」を導入する場合にも向いています。

一から最新機種を購入する場合、高いものだと数万円~数十万円かかることもあるので、導入にかかる費用を安く抑えることができるのもレンタルの魅力です。

デメリットとしては、購入と比べると到着までに時間がかかってしまうため、いつでもすぐに使えるわけではないというところです。他に利用者がいる場合には毎回同じ機種が借りられるわけではないので、使い慣れたものをずっと利用したい方は避けたほうが良いでしょう。

購入を考えている場合でも、一度レンタルをすることで、自分にあった機種や実際に必要な台数を見極めることができます。保管場所や盗難などに備えて、保険やメンテナンスの費用などを踏まえ、自分にあった導入を検討するのにレンタルを試してみてはいかがでしょう。

 

複数に同じ情報を一度に伝える必要性があるのなら「無線機・トランシーバー」の導入がおすすめです。購入するのもよいですが、レンタルであれば最新機種を試しやすいというのも魅力となっています。無料でお試しができるショップもあるので参考にしてみて下さい。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧