無線機レンタル・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較

トランシーバー導入でランニングコストが削減に期待できるってホント!?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/07

トランシーバーはさまざまな場面で活躍する優秀なアイテムですが、電波の利用料金や数年ごとの免許更新料など、長期的に使っていこうと思うとなかなか費用がかさみます。そこで役に立つのがレンタルシステムです。レンタルのトランシーバーを活用すれば、ランニングコストは大幅に削減できます。

トランシーバーの利用にかかる費用

業務用に無線機を使いたいとなったとき、最初に本体代を支払わなければいけないのはもちろん、電波利用料というものが1台ごとに毎年かかってしまいます。さらに免許状や登録状の更新を5年ごとにしなければならず、それにもお金がかかります。購入すればそれで終わりではなく、車や家のように維持費が必要になるものだという認識が必要です。

購入よりもレンタルがおすすめな理由

レンタルの利点としては、ランニングコストを抑えられるというものが最も大きいでしょう。上記の通り、トランシーバーを使うには様々な費用が掛かります。しかし購入ではなくレンタルする場合、そういった諸費用がレンタル料に含まれているので細かい支払いをいろいろしなくても済みます。消耗品であるバッテリーなどの交換費用といったメンテナンスにかかるお金もレンタル料の中に入っている場合がほとんどです。

業務上トランシーバーを使う人の中には、使わない時期が一定期間存在するという人もいるでしょう。購入している場合、使わない期間もメンテナンスなどをしておかなければいけませんが、レンタルなら必要になった時だけ借りればいいのでその心配もありません。

導入の際の初期費用、イニシャルコストという面で見てもレンタルは優れているといえます。1日から契約できるレンタルなら、試しに使ってみてダメだったら利用を止めればいいという柔軟性があります。しかし購入している場合、もしも使う場面がなくなってしまったら無駄な投資をしたことになります。

試験的にトランシーバーを導入してみることを検討しているという場合、レンタルは圧倒的におすすめです。また、常に最新の機種を使えるのもレンタルの強みです。

無線機は使用時に「スプリアス」という通信には必要ない電波も発しています。どれくらいスプリアスを出しても問題ないかを明示した「スプリアス規格」というものがあるのですが、平成17年にそれが改正され、現在の規格の無線機が使用できるのは2022年までと定められました。

特殊なフィルターなどを使って旧規格の機種を新規格に対応させたりは出来ますが、なかなか簡単なことではありません。その辺りのわずらわしい作業や手続きをせず、問題なく使用できる機種だけを借りられるのも、レンタルの便利な点です。

携帯電話と比べると?

トランシーバーと同じく通話機能がある機器として携帯電話がありますが、二つを比較してみてもレンタルのトランシーバーにはいくつかメリットがあります。

まずはやはり料金の安さです。社用の携帯電話を大量に用意して使っていくことと、たくさんのトランシーバーをレンタルして使っていくのではかなり費用に差が出ます。

連絡を手軽に取れるのも大きな強みです。携帯電話の場合、アプリなどを起動して連絡したい相手を選ぶという手間がありますが、トランシーバーなら通話のためのスイッチを操作するだけで簡単に連絡を取り合うことが出来ます。

携帯電話も最近はグループ通話などの機能があるので一度に多くの人と通話することが可能ですが、同じことをしようとしたとき、トランシーバーのほうが短い時間で出来るのは明らかです。経済的な意味だけでなく、時間的な意味でも携帯電話よりトランシーバーのほうがかなりの節約になるといえるでしょう。

そして、山間部などの携帯電話が圏外になるような場所でもトランシーバーはほとんど問題なく使えます。使用予定の場所で電波がちゃんと入るか、入ったとしても不安定にならないかなどの心配をせずに済むのはとてもありがたいポイントです。

さらに、トランシーバーは防塵・防水性能も長けています。厳しい環境でも十分な性能を発揮してくれるため、映画撮影の現場などでは携帯電話よりもトランシーバーによってスタッフ間で連絡を取っている場合が多いです。

トランシーバーというとあまり音質がよくないイメージがあるかもしれませんが、IP無線という携帯電話と同じ4GやLTEといった通信を利用できるタイプもあり、クリアな音質での通話をすることも可能です。

まとめ

業務用に何かの機器を導入しようと思ったときに気になるのはランニングコストですが、トランシーバーに関しては購入するよりもレンタルのほうが確実にランニングコストを抑えることが出来ます。携帯電話などと比べると操作が簡単で時間の節約にもなるので、レンタルのトランシーバーを使うのはとてもスマートな選択だといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧