無線機レンタル・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較

トランシーバーの電源はバッテリーと乾電池どっちがおすすめ?

公開日:2020/02/01  最終更新日:2020/02/27

無線機・トランシーバーのレンタルでは、様々な機種の中から選択が可能で、数ある内からお試しで利用可能などメリットもたくさんあります。そこで主に利用されることが多い、バッテリータイプと乾電池タイプの違いを紹介していきます。

無線機・トランシーバーをレンタルするメリット

警備員の仕事や学園祭などのイベントなど、様々な業種やイベントなどで係員同士が連絡を取り合うのに便利な無線機・トランシーバーですが、様々な種類が存在します。無線機・トランシーバーに馴染みの無い方では特にどのメーカーや機種が使い勝手が良いのか判断出来ず、豊富な種類の中からベストな機種選びをされるのは非常に困難かと思います。

無線機・トランシーバーのレンタルは、そんな無線機に馴染みの無い方にオススメの制度で、購入する場合より様々な機種を手軽にお試し出来るので非常に便利で、尚且つ購入する場合よりも料金が安く抑えることが可能なメリットが存在します。特に、学園祭や何かのイベントの期間中だけ使用したいという方にオススメで、必要な時だけ利用して返却するというシステムなので、管理や保管で困ることはありません。

年に数回だけ開催されるイベントだけの利用や、故障や紛失などで無線機の数が足りない時には購入よりもレンタルが断然オススメで、万が一レンタルした機材に不具合が生じてしまっても、レンタル業者がメンテナンスを行ってくれますので非常に便利です。

購入よりもコストがかからず尚且つアフターサービスも充実しているレンタル制度は、無線機に馴染みの無い方や短期のイベントなどだけで利用したい方にオススメの制度で、レンタルした機種が気に入った場合にはそのまま購入にも繋がる便利なシステムです。

バッテリータイプは長期間継続して利用する方にオススメ

バッテリータイプの無線機・トランシーバーのメリットは、出力が大きいため広範囲での利用が可能というところが挙げられます。大規模なイベントなどは開催場所も大きく広い会場になりがちですが、広範囲での受信や連絡が可能ですので、係員同士の連携もスムーズに可能で、そのため業務も捗り効率化に繋がります。

通信精度も高いため、屋内外問わず便利に使用出来るという特徴もあり、通信障害などで係員同士の連絡に支障を来すこともありません。また、耐久性も高いため故障が発生しにくく、長い期間の利用に向いていることも特徴として挙げられます。

広範囲での利用が可能なほか、屋内外といった通信の環境にも利用上影響されることもなく、尚且つ耐久性にも優れているのがバッテリータイプの特徴です。そのため、無線機・トランシーバーの利用を頻繁に行う、警備員などの業種には乾電池タイプよりもバッテリータイプの利用が適任だと言え、業務上の連絡に障害が起きてしまうと困難に陥る業種にピッタリなタイプだと言えます。

ただ、出力が大きい分本体のサイズも大きくなるため、持ち運びの際に重さで苦労する場合もあります。男性の方ならともかく、女性の方の場合ですと常に携帯するのには不便とも言えます。また、バッテリーの稼働時間も乾電池タイプよりも短く、10時間から17時間で充電する必要があります。

乾電池タイプは小規模イベントでの利用でオススメ

無線機・トランシーバーを小規模イベント行事で利用したいなら、乾電池タイプがオススメです。通信可能エリアは100程度と狭いですが、サイズも小型ですので持ち運びの際に、本体の重さも気になりません。

そのため、女性の方でも扱いやすく、使用するイベントが運動会など移動を頻繁に行う行事での使用に適しており、無線機・トランシーバーの重量で苦労することもありません。また、単三電池一本で一日中継続して使用が出来るほど長持ちするので、電源切れで困ることもないという特徴が魅力です。

軽量コンパクトで持ち運びに便利、尚且つ単三電池一本で長時間使用が出来るため、電源切れで心配することもまず無いというメリットが存在する他にも、レンタル料金も安いところも大きな魅力です。

ですが、通信可能エリアが狭く、基本的にワンフロアでしか受信や応答が出来ないため、大規模のイベントでの使用は不向きと言えます。また、壁や天井を跨ぐと通信に障害が発生するなど、スムーズな連携が取れない場合もあり、屋内と屋外では通信がほぼ出来ないため、急な連絡をする必要がある場面では非常に不便だと言えます。

ですが、レンタル料金の安いためコストの負担がかからず、コンパクトで使いやすいというメリットがありますので、小規模のイベントでの使用にはバッテリータイプの無線機・トランシーバーよりも適しています。

 

バッテリータイプと乾電池タイプでは、電池の長持ち具合や通信精度の違いなどそれぞれに違いがあるため、利用する状況に合わせたタイプを選択する必要があります。レンタルでは、取り扱い機種も豊富なため無線機に馴染みの無い方でも、様々な機種の中から選択出来ますのでオススメです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧