無線機レンタル・トランシーバー・インカムのレンタル業者比較

無線機・トランシーバーのレンタルの市場の現況と今後の展望

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/02/03


無線機やトランシーバーは、さまざまな業種で活躍している機器です。たとえば建設現場やパチンコ店では、スタッフ同士が緻密な連絡を取り合うのに活用されており、現場になくてはならないものとなっています。この記事では、活躍している無線機・トランシーバーのレンタル市場の現況と、今後の展望について詳しく紹介するため、参考にしてください。

レンタル市場が活発となったのはいつから?

タクシー会社では各乗務員と事業本部が連絡を取り合うのに、必ず無線機を使用しています。パチンコ店では事務所とホール内スタッフの間でトランシーバーが活用され、円滑なサービスを来店客に行う指示を出しているようです。この2つの機器は、従来では各施設で購入するのが基本でしたが、導入コストがかかるうえに数年で新機種へと取り替える必要もありました。

無線機やトランシーバーには有効電波が割り当てられており、いつまでも同じ機器を使用していても、対応している周波数に合わなければ、取り替えないといけません。この問題の打開策として登場したのが、レンタル会社です。1996年頃に東京・大阪といった大都市圏でレンタル会社が設立され、現在では全国各地に点在しています。レンタル市場は2000年には約21万件にも膨れ上がり、ピークを迎えました。

月または年単位の契約で常に新しい無線機・トランシーバーを使えるという環境が好まれ、多くの施設でレンタルサービスを取り入れていたようです。おもに業界向けのサービスとなっていますが、2010年頃からは、個人でもサービスを受けられる企業が登場しました。個人の利用者の場合は自宅で介護をしている方が、離れた場所にいても介護対象者と連絡を取るために活用している方が多く、さらに市場が拡大して活発になっているといえます。

レンタル市場の現況は縮小しているの?

国内で初めて無線機・トランシーバーのレンタルサービスが開始されたのは、1996年です。それまでは各施設で機器を購入していましたが、少ないコストで新機種を借りられるレンタルサービスは注目され、2000年には全国に約21万件ものサービス会社が生まれるまで急成長をとげました。年間約350万台もの機器が各企業・学校・遊戯施設などに貸し出されていた2000年をピークに、年々減少傾向にあるのが現況です。

その理由として挙げられるのが、携帯電話やスマートフォンの普及でしょう。現在では国民の約80パーセントが携帯電話を所持しており、無線やトランシーバーがなくても逐一連絡を取り合える環境が整っています。しかし、携帯電話やスマートフォンは必ずしも万能とはいえません。それは電波が届かない場所では使用できないからです。

鉱山や地下、建物の中などでは現行の携帯に振り分けられている電波は届きにくく、使用することはできません。その場合に活用されるのが無線機やトランシーバーで、これらの機器ならスムーズに情報共有できます。そのため、2000年以降は市場規模が縮小されてはいるものの、大きな減少数値とはなっていません。今後も安定した需要が見込めており、各社専門メーカーでも新製品の開発と販売を続けていることがわかる市場になっています。

レンタルサービスのよさを口コミから見る!

現在でも建設現場や遊戯施設など、さまざまな業種で無線機・トランシーバーのレンタルサービスを受けている方が多くいます。インターネットで「トランシーバー・レンタル・口コミ」というキーワードで検索をすると、約200件もの結果がヒットしました。その大半が利用して感じたことの口コミとなっており、大半の方が好意的にとらえていることがわかります。

その口コミの一部をここで抜粋すると「毎月低コストで利用ができる」「定期的に新製品と交換可能」「アフターフォローも任せられる」というものでした。1台につき月額200円程度から無線機・トランシーバーのレンタルが可能で、複数台まとめて借りた場合はさらに単価が安くなるようです。この点を利用してよかったと挙げている方が多く、購入するよりも便利だといえるでしょう。契約は年単位で行うこともでき、その期間中に新製品が登場した時は、次回から新しい機器に取り替えるサービスもしています。

常に新製品を使用できるので、効率よく業務を進めることも可能でしょう。導入時は周波数の設定なども行わないといけませんが、レンタルサービス会社では、設定も実施済ですぐに使える形で引き渡されるのも特徴です。数多くの無線機・トランシーバーがあれば1台ずつ設定をするのは時間がかかりますが、アフターフォローがあればその手間も省けます。

 

以上、無線機・トランシーバーのレンタル市場の概要とサービスを導入することのよさについて見ていきました。今後も市場の展望は明るく、継続的な需要が見込める市場だということがわかりました。各業界になくてはならない機器といえるでしょう。新製品への移行もスムーズに行えるため、レンタルを検討している人は、業者に問い合わせてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧